川上高司 発信者

熊本県熊本市生まれ。大阪大学博士(国際公共政策)。ジョージタウン大学留学(指導教官はレイ・クラインCIA副長官)後、アメリカのフレッチャースクル外交政策研究所(IFPA)の研究員を勤めた後、故中曽根元総理の世界平和研究所で研究員を勤める。その後、新進党立ち上げの時に海部元総理の政策秘書。その後、ランド研究所の客員研究員となりMD(ミサイルデイフェンス)を研究。帰国後、防衛省防衛研究所の主任研究員を勤め冷戦後の米国の世界戦略を分析する。その後、北陸大学法学部教授から拓殖大学教授となり米軍再編、米国の人権外交、宇宙の安全保障などを研究する。その間、国際問題研究所客員研究員。神奈川県庁参与、参議院外交防衛委員会客員調査員、TBS News Bird特別キャスターをつとめた。現在、拓殖大学海外事情研究所教授、同大学院教授、NPO法人 外交政策センター理事長、中央大学法学部兼任講師。

Latest Posts

川上高司 記事一覧